痛くない!もうしみない!ホワイトニングの世界も進化中

歯が白くなるのは嬉しいけれど

どんな美人やハンサムでも、ニコッと笑った時に歯が黄ばんでいたり白いとは言えないような色合いだとせっかくの整った顔も台無しになってしまいます。口を閉じていると隠れている歯が顔全体に与える印象って意外にも大きいんですよ。審美歯科でホワイトニングをすると簡単に歯の色をトーンアップできますが、ホワイトニングの薬で歯が染みやすいのが嫌な人もいますよね。一回ホワイトニングしたらもう終わり!ではない点も、二の足を踏んでしまう要因になっているのかもしれません。

しみないホワイトニングの登場

それならしみない、耐久性のいいホワイトニングなら問題は解決です!嬉しいことにしみなくて長持ちするように改良されているホワイトニングはすでにいろいろ登場しています。従来の薬剤からしみない新しい薬剤に変える方法や、レーザー照射をしなくても済む方法を開発することでマイナーチェンジを図っているんです。歯の白さは20段階で考えられますが、その白さのトーンアップも、今までなら二段階から三段階までのアップが可能でしたが新しい方法の中には一気に四段階から五段階までアップしてしまうんです!

手間もかからなくなったホワイトニング

しみないことも大きいんですが、ホワイトニングの進化の中でもう一つチェックしたいのが手間がかからなくなったことです。一度にたくさんの歯をまとめて白くできればいいのにと思っていた人でも、一度に20本近くまとめてできるなら楽ですよね。それでいて、肝心の仕上がり具合ものっぺりしたいかにもホワイトニングをしました!といった白さとはまたエナメル質ならではのきれいな白さに出来るようになりました。これならホワイトニングをやってもいいと思えますね!

セレックシステムとは白い詰め物が歯型をとることなく手に入る最先端審美歯科治療のことです。口腔内を3D光学カメラでスキャンすることで歯型をとります。