本当なの!?レーザー脱毛に関する怖いウワサ

アレルギーやアトピー肌だと症状が悪化する

脱毛効果が高いレーザー脱毛。黒や茶色に反応するレーザーを照射することで毛根を破壊し、半永久的な脱毛効果が得られます。しかし、肌に熱線を当てることから、アレルギーやアトピーの症状を持っている人が行うと、それらの症状が悪化してしまうと懸念されることがあります。しかし、レーザー脱毛で当てられる熱線は人体に影響が無いものなので、これによってアレルギーやアトピーの症状が悪化するということはありません。しかし、ケロイド体質の人は熱線を当てることで皮膚が肥厚化することがあるため、事前にカウンセリングを受けておく必要があります。

レーザー脱毛は妊娠中の妊婦に影響を及ぼす

レーザーを受けることで、それが胎児に当たって重大な事態に陥るというような噂が囁かれたりしますが、完全に荒唐無稽であって直接的な影響はありません。従って、妊娠中の妊婦がレーザー脱毛を受けても理論上は問題ありません。しかし、レーザー脱毛はわずかながらの痛みが1~2時間にわたって継続する、比較的体に負担がかかる施術です。こうしたことで受けるストレスが胎児に何らかの間接的な影響を及ぼす可能性は否定できないため、十分配慮する必要があります。

レーザー脱毛をしすぎると皮膚ガンになる

太陽光を浴び過ぎるとガンになるように、脱毛のためにレーザーを浴び続けると皮膚ガンになってしまうと懸念する人も、依然多くいるようです。しかし、皮膚ガンを惹き起こすのは紫外線であり、レーザーは赤外線なので、レーザー脱毛を続けることで皮膚ガンにかかる心配はありません。一方で、レーザーを肌に当てると、肌荒れや日焼けに似た症状を伴う肌ダメージを被ります。こうした症状を放置してレーザー脱毛を受け続けると、さすがに皮膚ガンが発生しないとも限りませんので、しっかりとしたケアと管理のもとで施術を受ける必要があります。

レーザー脱毛は、顔にも効果的です。顔には産毛があるので化粧前に産毛を剃る方がいますが、肌のトラブルになりやすいです。しかし、皮膚の弱い顔にも出来るので産毛がなくなり化粧のノリが良くなります。