加圧トレーニングは辛くない?軽い運動の疲労物質に脂肪を分解させる方法

日本の○○を見て思いついたボディビルダー!

ホットヨガやロングブレスダイエットなど、ダイエットに熱心な日本の女性はたくさんの運動方法を知っています。その中でも比較的有名な加圧トレーニングは、ボディビルの全日本チャンピオンもしていたという効果のありそうなトレーニング方法。でも、加圧って何をするの?どうして加圧したらトレーニングになるの?と胡散臭く感じる人もいることでしょう。これは体育もろくにできない虚弱な少年だったボディビルダーの佐藤義昭さんが開発した日本発のトレーニング方法です。腕や太ももにベルトを巻きつけるなどして適度な圧力をかけた状態で軽い運動をし、流れにくくなった血液中に溜まった疲労物質が生み出す成長ホルモンで脂肪を分解するというメカニズム。加圧とは、わざと血の流れを悪くして効率よく疲労物質を生み出すために行うものです。それを思いついたのは、なんと法事で正座をしていて足がしびれたときだったそうです。

脂肪を燃焼させたい!でもきつい運動は辛い

いっぱい食べてごろごろしたい。でもぷよぷよのお肉はつけたくない。誰もが抱える悩みです。さあ今日からダイエットしようと意気込んでも、運動しなれない体で一日体を動かしたら夜にはヘトヘト、次の日は筋肉痛。「今日は筋肉痛で動けないから明日にしよう」と先延ばしにし、結局ダイエットを挫折した人は多いのでは?加圧トレーニングは血液の流れをわざと悪くすることで、筋肉にハードな運動をしたと思い込ませるやりかたなので、運動自体は軽くていいんです。「本当にこんな軽い運動で脂肪が燃えるんだろうか?」と心配していても、血液中に生まれた成長ホルモンは確実に全身に巡って余計なお肉を燃焼させてくれるので、ハードなトレーニングは続かないという人におすすめです。

特別なことはなし!日常の軽い運動で脂肪燃焼!

仕事や家事でクタクタ、体がほしがるからかつ丼をかき込んだのに、どうして太るんだろう?一日動きまわって疲れた後、さらにダイエットのために運動するというのは並大抵の苦労ではありません。太ってるのは分かるけど、ダイエットより先にあれもこれもしなくっちゃそんな忙しい人にこそ日常に組み込める加圧トレーニングがおすすめです。負荷をかけるのは血流だけなので、短時間でOK、軽い負荷でOK、場所を取るような特別な器具も必要ありません。日・米・英・独・仏・伊、世界6ヶ国で特許登録されている効果的なトレーニングをしっかりすれば、ダイエットにとどまらずムキムキの体になっちゃうかも?安全で正しいトレーニングのために、疾病のある人や妊娠の心配があるひとは、始める前に必ず医師と相談の上、有資格者アドバイザーの監督の元で行うようにしましょう。

加圧トレーニングなら横浜です。なぜなら、横浜には加圧トレーニングができるジムが多く存在します。それは、横浜は美容に気を使う人が多いからです。